こわれてしまった 大事なおもちゃに 新しいいのちを!
       
                  
    乳幼児の異物飲込み事故に注意 !


    乳幼児が誤って異物を飲み込む事故が報告されているので、改めて注意を喚起します
     
    1.衣服のボタンやおもちゃのつまみ類

     取れかかっているボタンや、緩んでいるおもちゃのつまみ類は、早めに修理しておきましょう

     おもちゃ病院伊都国では、壊れたおもちゃを無料で修理していますからお問い合わせ願います
     
    2.タイマーやゲーム機などのボタン電池やコイン電池

     ボタン電池やコイン電池は、絶対に乳幼児の手が届かないところに管理しましょう  

     写真のように小さな電池ですが、誤って飲込むと内臓損傷などの重大事故に繋がりかねません

     2017(H29)年12月26日付け朝日新聞によれば、日本国内では2015(H27)年までの5年間で939件もの誤飲事故があり、
    このうち15件は電池を取り出しても食道の粘膜に穴が開き、後遺症が残るなどの重症例でした。
     もし電池を飲み込んだかも知れない」と思った時は、迷わずに医療機関を受診しましょう。

     国民生活センターのホームページ http://www.kokusen.go.jp/mimamori/pdf/support81.pdf には分かり易い説明があり、http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20140618_1.pdf には詳しい説明がありますから是非ご覧下さい

     おもちゃ病院伊都国では、おもちゃ修理体験学習などを通じて注意を喚起していますが、念のために改めてお知らせします